« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

Do it yourself!!

D.I.Y!D.I.Y!

コソーリアゲアゲ。日々脱力です。

楽しいですな。この携帯は。

既存の携帯ってメーカーが決めた枠内でしかカスタマイズできないじゃないですか。

例えば、音楽が聞きたくても着うたフルしか駄目ですよとか、スケジュール機能が使いづらいと思っても、仕様ですからと某携帯ゲーム機のクレームに対応する社長みたいな感じですよ。(余計分かりづらいかw)

702NKⅡは自己責任(キャリア推奨ではない)で色々できるのですよ。

今回はハード面でカスタマイズだ!付いて来いよみんな!

この携帯はデフォでステレオイヤホンマイクが付属してます。

Hs3_main こんなん。色は黒ですが・・・。

最近の携帯と同じく音楽が聴けちゃいます。

でもデフォのソフトだと、iTunesとかで作ったMP3は使えないので、

スマートフォン業界(?)では有名な”ogg play”を投入!

スキンも変えちゃえ!

Fescr031 またもや、マカーでもないのに・・・

何だかんだで自分のリンゴへの憧れが見え隠れしてますな。

さぁ、一度聴いてみるよ!

・・・・・・・・。

耳が痛い・・・。前にipodのイヤホンは小さくてスポッと抜けていたんですが、コレは耳の穴が拡張されるぐらい痛い。やるなフィンランド人(ノキアはフィンランドの会社です)。

何かないかしらん~とネットの海を彷徨えば~♪見つけたことは見つけたけど。

060126_ad15_1 AD-15ノキア公式オーディオアダプタです。黒い塊のところに手持ちのヘッドフォンを挿すらしい。

が、日本未発売・・・orzガクー

音楽が聴けるだけで、着信には応じれないしな。

もう一度ネットの海へ繰り出すぜ!ヤロウども!バシャーン!(腹打ち)

見つけたよ!父さん(?)使う物も100円ショップで事足りちゃう!

何と!懐に優しいんだ!ビバ!エコライフ!

しかし、一つ心配が・・・。

私、半田付けがヘタなのです。過去に自分の中でギターエフェクター自作がブームになって作ってみたんですが

_005一応形になってるでしょう?

でもね。動かないんッス(T-T)

何が原因かも調べずそのまま放置・・・。

そんな不安もあるが、迷わず行けよ!行けばわかるさ!ダー!Let's Do it yourself!

Midohさんのブログが図入りで非常にわかりやすく、手順どおり進めていくと・・・。

聴こえた!聴こえたよ!不器用な私でもデキマツター!

Dscf1400 着信があってもしゃべれるし、これぞDIYの醍醐味ってヤツ~?(すんません気が大きくなってます)

あ、でもipodあるしあんまり意味がないことを今気づきましたよ。

しかも、マイク部分を開ける時に無理クリ開けたのでガタガタになりました。

結果オーライということで

| | コメント (3) | トラックバック (0)

携帯カスタマイズ

流浪のブログ日々脱力ですよ。

趣味にガツンと走ったらコメントゼロ・・・。

なんかよく分からないトラバがひとつ。・・・寂しい。

そういう時こそ!アゲアゲでいきましょうよ!

さてさて、購入して一週間色々イジッテマスヨ。引っ張ったり伸ばしたり(ウソウソ)

まず、FExplorerというソフトを入れます。

これは言ってみればウィンドウズでいうところのエクスプローラーですな(そのままやけど)。

もともとファイル管理は携帯自体で出来るんですが、これは普通ではいじれないところもファイル操作が出来る優れもの(やり方がまずかったら携帯があぼ~んしますが)。

しかもこのソフトは画面がキャプチャできる!

んなもんでコレ

Fescr021 画面の赴きをガラッと変えるテーマで

マカーでもないのにりんごマークで攻めてみました・・・

なんかかっこええやん・・・。ねぇ

そいで次に入れたソフトはコレー!

Fescr022 ノキアセンサー!!

これは702NKⅡのブルートゥース機能を使って

同じノキア端末を使っている人サーチするソフトです。

ま、今まで探し当てたことは無いですが・・・。

こんな感じで誰もついてきそうに無いですけど(w

もうちょっとボーダフォンで遊べそうですね~。

・・・と思ったら今度からブランド名がソフトバンクモバイル・・・(-_-;

じ、次回は付属のイヤホンマイクをD.I.Y.でイイ感じにしますよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

携帯買い換えました。

どーも。アゲアゲライフしてる?日々脱力です。

結構最近頑張ってアゲアゲしてるなぁと自画自賛の今日この頃いかがお過ごしですか?

いやいや買っちゃいましたよ。一週間にも渡る物欲番長との激闘の末、ボロ負けして手に入れました702NKⅡ!

Dscf1186 コイツのイカスところは、

一昔前に流行ったPalmというPDAで採用されていたSymbianOSで動いてます。

これがオープンソースなゆえ色々なプログラマな人達が色々なソフト(アプリ)を開発しており、結構使えるらしいとのこと。

今分かることでこの携帯のカコイイところをアゲアゲしてみるよ。

・今どきストレート携帯だ。(9割が折畳みの携帯だから、今ストレートですよ。奥さん)

・自分で着うたが作れる。(あくまでも個人的使用に限ると思う)

・変な形式に変換せずともMP3等の形式で音楽が聴ける。

・パソコンとの親和性。スケジュール管理が容易。

・テーマという画面の見た目がガラッと変わる機能。

・ノキアだ。(デザインがオサレ)

細かなソフトとかは次回以降説明していこうと思いますが、

続いてちょっとトホホなトコロ

・ボーダフォンのコンテンツが粗方未対応。(ツタヤの半額クーポンが見れなかった(T-T))(見れました。強引に)

・充電のコネクタがまったく違う。(サードパーティーの充電器が使えない)

・イヤホンマイクのコネクタ自体が無い(付属品があるがイマイチ)

・ノキアだ(日本国内のシェアはサッパリ)

まぁじゃじゃ馬の方が愛着が湧くってもんですよ!(強引)

しばらくは、この携帯への掛かりっきり具合をアゲアゲしますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ビオトープしてます

しかし、脱力とアゲアゲって正反対ですな。

大人の世界ってそうゆうもんよ(?)

さて流浪のブログ日々脱力ですが、また新しいカテゴリーかよっ!

どれも定着しないなー。いまだ手探り状態(w

ビオトープとは?コチラを参照ください。

ココはトンボを呼ぼうなんて書いてますが、

ようするに自然環境を切り取って、生物生息空間を人間の手で作ろうやないか。・・・みたいなこと?

まぁ高尚なことっぽいけどコチラとか参考にしてみてるとお手軽な感じデスヨ。

実は1ヶ月ほど前からしてたりしてるんですけど・・・

結構面白い。一度セッティングするとほとんど手間がかからな~い。水を足すぐらいですよ。

まぁメダカが何匹が犠牲になりましたが、それも一緒に植えている水草の養分になったりして、超OK。

なんとモノグサな私にぴったりの趣味なんでしょう。

0000 こんな感じ

ホテイアオイがメダカ成分を吸って増える増える。

ちなみにメダカは

0001 ちょっと見づらいか

クリックして拡大して探してね!

それでちょっとホテイアオイをちょっと亀のいる水槽に移したりなんかしてると、

何か鉢の中をモニョモニョ動いているものハケーン!

0002tanisi うひょータニシじゃん!

よく見ると何匹かいるみたいですよ。

生命の神秘スゲー!いつの間に増えたんでしょうか?

おそらく土の中に卵があったOR水草に付いていたなんでしょうけど。

ビオトープはこんな意外な楽しみがあります。

今度はミナミヌマエビを入れようかな?

追記

亀の水槽に入れたホテイアオイですが亀が食い散らかしてました。おいしいの?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

漢の料理

アゲアゲブログ日々脱力です。

春なのでブログのデザインを変えてみたのですがすぐに飽きて元に戻しちゃいました。

冒険できない年頃なのねぇ・・・

突然ですが、私の趣味は料理です。

といっても冷蔵庫の中身でチャッチャーとなんか作るというのではなく

料理本を見ながら分量どおりに作るのが好きなのです。アレンジなんぞしません!

実験感覚なんでしょうな(自己分析)

だから料理本を読むのも好き(はぁと)つーか本当の趣味がこっちだったりして・・・

アイテムもそろえますよ。嫁さんにねだって買ってもらった圧力鍋(しかも2代目)ハンズメッセで買った包丁あんど石焼ビビンバ用石鍋(しかも未開封)

まぁいろいろ(無駄なもの含め)あるんですが、一番のお気に入りが

コレDscf0925

中華鍋!

どなたかの結婚式の引き出物カタログ集からゲトーしたものなんですが

何がお気に入りなのかといえばどんどん成長していくトコロなのですよ。

最初は何を作ってもこびり付いてしまう駄目っ子チャンなヤツだったのですが、使った後の手入れ(大層に言ってますが洗って油塗るだけ)を欠かさずしていると・・・

全然こびり付かない~!今じゃテフロンも目じゃないぜ!

そう「鉄は裏切らない」

何だこのシメ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日のちょっと更新

ハリウッドの常識

フランス人の

刑事役は

ジャン・レノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »