« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

The method of KARAOKE

流浪のブログ日々脱力ですよ。

この春異動になりまして新しい職場でスタートしております。

んで、そこがですね三十路の私が一番下っ端というポジショニング。

課長がいて、係長と主任2人(3人とも37歳)があと派遣の女性(年下)2人という構成。

先週末気を使っていただいて歓迎会なるものを開いていただいたのですが、まず女性陣不参加・・・。オレ人気ネェ~(T-T)ま、花金やしね(負け惜しみ)

それはさておき、ドキっ☆オッサンばかりの飲み会も滞りなく終わり、さて家に帰って子供を風呂にいれるか・・・なんて思ってると

課長が「2次会行くよ!カラオケだ!」と息巻いてますよ。

正直帰りたい・・・。でも歓迎会なのにシレーッと帰るのは今後の立ち位置が微妙なものになるやも。

かくして小心者の私はまたもやドキっ☆オッサンだらけのカラオケ大会に参加となるわけです。

初めての面子とカラオケする時一番大切なのは、自分の立場を再確認するということです。

今回の立場は『自分に対しての歓迎会』みんなの好みを受け止めつつ、さりげなく自己主張がある選曲が義務付けられます。

しかも、今回は女子がいないので女子受けを排除した選曲で各々が攻めてくると想定できます。

今日のバトルは荒れそうだぜ!!(?)

トップバッターはシチュエーション的に十中八九私だ!

こういう時には前情報は多いほうがいいのです。確か課長は歳に似合わずハードロック好きという情報を事前にキャッチ!

この前ボンジョビ見に行ったし、くらえ!ちょっと一般受けしない『インジーズアームズ』!

課長「この曲誰?」

私「ボンジョビッス!」

課長「ほーこんなん好きなんか。じゃオレも・・・」

このあと課長は『リビングオンアプレイヤー』とかレインボーやらご機嫌で歌ってました。

ふ~縦社会ってツライな~(-_-;

後の面子の選曲。係長(物腰柔らかなムッツリ)はフォーク系。誰の歌なのか画面見ても分からない・・・

主任A(強面・昔ちょっと芸人を目指していた)は長渕と竹内力。う~ん自分を分かってらっしゃる。一曲コウダクミを歌ってたのは高度なギャグか?(後で聞いたらただのファンだそうです)

さぁ次が問題の主任B(空気読めない・メガネ)はBOBONo.5(byサザン)狙ってるかどうかハイ分からない~。次トレイントレイン(byブルハーツ)これもなんか違う。最後何を思ったのかLOVEマシーン(つんく♂ケッコンオメデトー)

男ばっかりでしかもみんな30オーバーでモー娘歌って盛り上がるか?

モーオタでもたぶん歌わんぞ。・・・たぶん

あとタンバリンの叩き方が次長課長の河本より鼻につきます。例えば4分音符でいいのに何でか8分音符で叩くとか、ちょっと得意げなトコとか・・・

こんな個人攻撃をしている私ですが、やしきたかじんをシッカリ熱唱させてもらいました。空気読まずに・・・。

あ、テメエ隣で一緒に熱唱するな!コラ!空気読め!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今さらライブレポ

いやーびっくり1ヶ月のご無沙汰(はぁと)

マクラのネタをひとつ

この前花見をしたんですけど、そこでの私と友人との会話。

友人「ブログ見てるよ」

私「おーありがとう」

友人「なかなかおもしろいやん。

『日々脱落』

私「・・・・・・ Orz(ガクー)

まぁそんな感じでショックのあまり更新できなかったのです(言い訳特盛)

マクラはここまで!(マクラなのか?)

先週の話ですけど

行ってきたよ Bon Jovi in 大阪ドーム!!!

嫁さんの友達であるサトコさんにチケット融通してもらって行ってきたのだ!

それではBon Joviについてのキャプションだ!(要らぬお節介)

Jon Bon Joviを中心とするハードロックバンド。キャッチーな歌メロとJonの甘いマスクで日本で大変人気のあるバンドです。友達に教えよう!!

それにしてもヨクヨク見るとスゴイよねBon Joviって

バンド名が『山本』とか『田中』というコトでしょ。

まぁそれはさておき、アンタメタル好きとか言ってたジャンとかいうツッコミは受け付けません。

みんなだってそうだったハズ。高校の時ぐらいにBon Joviが好きだとは言えず何だかよく分からないマニアックなバンドが好きだと言ってた時期が。何かメジャーなものが好きと言うのが気恥ずかしい時期が。ソレソレ。

まぁイイ歳になったんでメタルも好きだしハードロックも好きなのって言える訳よ。おせちもいいけどカレーもねと一緒!(?)

さぁ本題ですよ。パラパラ雨が降る大阪ドーム。開場16:00(早っ!)開演18:00なので17:00現地到着。

おーいますよ。それっぽい人達が。去年見たジューダスプリーストは皮な人達(HGがイッパイと思ってもらってヨロシ)でしたが、こっちはやっぱり女性が多いねぇ。でもなんかスタイルがどうも80年代のバンドギャル略してバンギャな感じ。しかもよく見ると肌年齢が・・・(自主規制)

まーそんな私も物販でTシャツ買ってワクワクしてる性質なんですけど・・・

AC/DCのSEが流れる大阪ドームスタンド一塁側。結構前の席だけどアリーナがあるからステージまで若干遠い。でもでっかいスクリーンがあるんで支障はなさそうです。

10分遅れでスタート。最新アルバムからこれぞBon Joviなイントロのラストマンスタンディングから。およ?ステージ上にジョンがいないですよ・・・と思ったら。イター!ステージ後方朝礼台(?)にアコギ片手に登場!!カッコイイ演出なんだけど朝礼台にしか私には見えなくてちょっと面白かったです。

詳しい内容のレポは誰かがやってるだろうし割愛しますが、新旧織り交ぜたセットリストで非常に楽しめました。あんまり知らなくても曲展開が大体読めるので楽しい。

ほとんどスクリーンを見る感じになるんですけど、最近の技術はスゴイね~。映ってる画像がおそらくハイビジョンクオリティなのでジョンの顔とかガッチリ見えますよ。

それにしてもジョン若いわーとても40代とかには見えない。ただ高音を歌うときは客に歌わせてたし、キーが高い曲は下げてましたな。ま、しょうがないといやーしょうがない。某大型掲示板で叩かれてたけどCD通りに歌えってのがナンセンスと私は思いますし・・・

リッチーは左肩骨折してたけどソツなく演奏してたし(リッチーは老けてた)デイヴィットは小室張り(?)のダブルキーボード奏法してましたよ。見るところソコカイ!と言われそうですが。ティコは・・・べつに言うことないなぁ(w

あとはリヴィンオンアプレイヤーの最後でトチってカラオケ状態になってたのが残念でした。あと、アリーナのノリがアイドルな感じでちょっと苦笑とか細かいトコ言ってたらキリがないですけど、ビックアーティストのライブは楽しかったです。また行きたいんでヨロシクサトコさん!

一番感動したのはライブ終わってから鳶の人達のスクリーンのバラシが非常に素早かったコトかな。

060415_1743_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »